長期金利の年末予想は強弱感がきっ抗、景気と需給焦点、1%-1.8%

景気楽観論の後退による金利低下 か、国債増発が招く需給悪化に伴う金利上昇か--。新年度入り後の3 カ月において長期金利は注目テーマの変遷に伴って上下に振れた後、足 元では3カ月半ぶりの水準に戻した。市場では年末に向けても明確なト レンドは出ずに1%前半から後半でのレンジを形成するとみられる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。