米P&Gの買収標的候補はエスティローダーや資生堂-サンフォード

米資産運用会社サンフォード・ C・バーンスティーン(ニューヨーク)は13日付のアナリストリポー トで、世界最大の日用品メーカー、米プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)について、化粧品の品揃え強化や新興市場シェア拡大に取り 組んでおり、米エスティローダー、資生堂、米アルバート・カルバ ーが買収標的になる可能性があると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。