北朝鮮国営通信、金総書記の工場視察伝える-健康悪化の報道後に

北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KC NA)は13日遅く、金正日総書記が新たに建設されたタイル工場を視 察したと報じた。

KCNAは、金総書記が大同江(テドンガン)タイル工場で「現場 指導」を行ったと伝えた。ただ、時期については明らかにしなかった。

韓国のケーブルテレビ局YTNは13日、金総書記が膵臓(すいぞ う)がんを患っており、余命5年未満だと報じていた。

米紙ワシントン・タイムズは先に、同総書記が昨年見舞われた脳卒 中から回復しておらず、西洋医学に基づく治療を断念し、東洋的療法を 受けていると伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE