米詐欺事件のマドフ被告を刑務所に「移送中」-連邦刑務局

米連邦刑務局のビル・ゴー報 道官は13日、全米史上最大の詐欺事件で禁固150年の有罪判決 を受けたバーナード・マドフ被告(71)を、3月12日の有罪答弁 以降収容していたニューヨーク・マンハッタンの拘置施設から所在 地非公開の刑務所に「移送中」であることを明らかにした。

CNBC放送が情報源を明示せずに報じたところによると、 マドフ被告はノースカロライナ州北部バトナーで刑期を務める。同 被告は判決を受けた6月29日、マンハッタンの北方112キロに ある警備レベルが中程度のオーティスビルの刑務所への収容を求め ていた。

-- Editors: John Pickering, Peter Blumberg

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: David Glovin in New York federal court at +1-212-732-9245 or dglovin@bloomberg.net; 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David E. Rovella at +1-212-617-1092 or drovella@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE