米ITC、華碩電脳製品の輸入差し止め要請拒否-IBMの主張認めず

米国際貿易委員会(ITC)は 13日、台湾の華碩電脳が製造するコンピューター用マザーボードとグ ラフィックスカードの輸入差し止めを求める米IBMの要請について、 認めない判断を下したことを明らかにした。

ITCの判事は3月、華碩電脳はIBMの特許3件について侵害 していないと判断したが、ITCはこの日、同判断について見直さな い方針を示した。ITCのウェブサイトで公表した。

IBMは、コンピューターへの電力供給向上や冷却システムなど に関する同社の特許技術を、世界最大のパソコン用電子回路基盤メー カーである華碩電脳が利用していると主張していた。

IBMは、華碩電脳の製品を組み込んだコンピューターの輸入差 し止めも求めていた。IBMの広報担当者と華碩電脳の弁護士からは コメントが得られていない。IBMは今回の判断を不服として、裁判 所に訴えることができる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE