米CITグループに米政府が支援の可能性-米紙WSJ(Update1)

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)は13日、数十万の融資先企業が多大な 影響を被る恐れのある米商業金融CITグループの破たんを回避する ため、米政府が同グループに支援する可能性があると報じた。

同紙が事情に詳しい複数の関係者の話を引用して伝えたところに よれば、米当局者らのCIT支援に関する「協議は進展」している。 最終的な合意には至っておらず、救済コストは明らかになっていない という。

13日の米金融市場ではCITの債務履行に関する懸念が広がり、 CITの社債と株価は下落。ブルームバーグ・ニュースが入手したC ITの内部文書は、破たんとなれば顧客の製造業760社が連鎖破たん のリスクに直面し、30万の小売業者が「危機に陥る」と指摘している。 CITの広報担当、カート・リッター氏は同文書に関するコメントを 控えた。

米金融取引業規制機構(FINRA)の債券価格報告サービス、 トレースによると、ニューヨーク時間午後4時21分(日本時間14日 午前5時21分)現在、CITの変動利付債(発行額10億ドル、8月 償還)の価格は額面1ドル当たり14.375セント下落し、80セントとな った。CIT株の通常取引終値は18セント(12%)安の1.35ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE