東京外為:円弱含み、株高でリスク許容度改善-米決算・指標見極めへ

東京外国為替市場では円が弱含 み。米金融機関の決算に対する不安が後退し、日米株価が反発するな か、投資家のリスク許容度改善に伴い、超低金利の円から相対的に金 利の高い通貨に資金を振り向けやすくなるとの見方が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。