債券相場は軟調、金利低下一段落で売り優勢-10年は3日以来の水準

債券相場は軟調(利回りは上昇)。 前日の米国市場が株高、債券安となったことをきっかけに売りが先行す る展開となった。これまでの急激な金利低下が一段落したとの見方から 新発10年債利回りは3日以来の高い水準まで上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。