BNPパリバ:原油価格、今夏中に40ドル台前半まで下落の可能性

ニューヨーク原油先物価格は、米 国の石油製品需要が低迷していることから、8月末ごろまでに1バレ ル=40ドル台前半まで下げる可能性がある。BNPパリバのエネルギ ー・アナリスト、ハリー・チリンギリアン氏は13日、都内でブルーム バーグ・ニュースのインタビューで明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。