国際投信の加藤氏:残存7-8年の国債中心に投資、短・超長期は慎重

債券ファンドで世界2位の国際投信 投資顧問円債運用グループリーダーの加藤章夫氏は日本国債の投資戦 略について、景気悪化見通しや物価下落を背景に、インデックス対比で 残存7-8年の国債を多めに保有し、短期や超長期債を少なめにする 「ブレット型」の運用姿勢を取っていることを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。