米国の広告収入、09年は前年比14.5%減の見通し-調査会社マグナ

米調査会社マグナ・グローバル は13日、米国の広告収入が今年は前年比14.5%減少し、景気回復が 広告の伸びを喚起する2010年末ごろまで減少が続くとの見通しを明 らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。