ドル下落の公算大、決算好調による需要後退で-JPモルガン

米銀JPモルガン・チェー スはドル相場について、「中期的」に下落する公算が大きいとの見 方を示した。企業収益が予想を上回り、資金逃避先としてのドルの 需要が減少するとみている。

ジョン・ノーマンド氏(ロンドン在勤)が率いるJPモルガ ンの通貨ストラテジストのチームは10日付のリポートで、「向こ う3週間に予定されている一連の決算発表で、全般的な収益の改善 が株価とリスク資産の追い風となり、ドル安をもたらす」と予想。 「中期的にドルについて弱気姿勢を維持する」とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE