原油相場は50ドルに下落も、先週60ドル割れで-テクニカル分析

米エネルギー取引コンサルティン グ会社ショーク・グループのスティーブン・ショーク社長によると、 原油相場は1バレル=60ドルを下回る水準で先週の取引を終えたこ とから、約2カ月ぶりの安値となる50ドルまで下落する可能性があ る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。