米CITグループ:経営破たんすれば顧客企業にも連鎖のリスク

米商業金融CITグループは、同 社が破たんすれば製造業760社が連鎖破たんのリスクに直面し、最大 30万社の小売業者が「危機に陥る」との見解を示していることが、ブ ルームバーグ・ニュースが入手した内部文書で明らかになった。

CITは同文書で米経済における同社の重要性を主張しているが、 政府保証付きの債券発行に関して政府を説得できていない。

同文書は、CITが破たんすれば「取引先への支払いや製品出荷、 給与支払いなどの事業活動で同社に依存する中小企業」全般に波紋が 広がると指摘した。同社広報担当のカート・リッター氏は文書に関し てコメントを控えている。

米連邦預金保険公社(FDIC)は昨年スタートした債券保証プ ログラムの利用をCITに認めないとの懸念が広がり、同社の債券と 株価が急落しており、事情に詳しい関係者1人によると、同社幹部ら は過去2日間、規制当局と協議を行った。

CITが経営破たんとなれば、昨年9月のワシントン・ミューチ ュアル以来最大の米金融機関の破たんとなる。CITが報告している 1-3月(第1四半期)末時点の資産は757億ドル、負債は682億ド ル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE