NY外為:円とドル下落、米金融株上昇で高利回り需要拡大

ニューヨーク外国為替市場では円 とドルがユーロに対して下落。米ゴールドマン・サックス・グループ の決算発表を控えてゴールドマンを中心に金融株が上昇し、投資家の 間で高利回り資産の保有が拡大するとの見方が広がった。

シティグループのまとめた指数によると、短期的なリスク回避を 示す水準は今年3月以来の最高に迫っているが、スイス・フランや円 を含む主要通貨に対するドルの今月のインプライドボラティリティ (IV、予想変動率)は、9カ月ぶりの低水準付近で推移している。

シティバンクの通貨ストラテジスト、トッド・エルマー氏(ニュ ーヨーク在勤)は「過去数カ月間みられたリスク許容度の高まりが一 段と確実になってきた」と語った。

ニューヨーク時間午後4時12分現在、円は対ユーロで0.9%下げ ての1ユーロ=130円10銭(前営業日は同129円)。ドルはユーロに 対して0.4%安の1ユーロ=1.3994ドル(同1.3936ドル)。円は対ド ルで0.5%安の1ドル=92円96銭(同92円54銭)。

円とドルはブルームバーグが調査する主要通貨のほとんどに対し て下落した。株価の上昇に伴い低金利通貨で資金を調達し、高金利通 貨で運用するキャリー取引が活発化した。

ドル、円が下落

円はカナダ・ドルに対しては1.5%安の1カナダ・ドル=80円74 銭、対ニュージーランド・ドルでは1.3%安の58円83銭だった。ドル は対ブラジル・レアルで1%安の1ドル=1.9759レアル、スウェーデ ン・クローナに対しては0.4%安の1ドル=7.8920クローナだった。

日本の政策金利は0.1%、米国は実質ゼロ金利。これに対してブラ ジルは9.25%、ニュージーランドは2.5%、スウェーデンが0.25%と なっている。

ウエストパック銀行のシニア為替ストラテジスト、リチャード・ フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「リスク許容が高まってい るのは明らかだ」と語った。

この日の米国株はアナリスト、メレディス・ホイットニー氏の見 解を材料に買いが入った。同氏はゴールドマン・サックス・グループ の投資判断を「買い」引き上げた。同社はホイットニー氏が投資判断 を付与する金融機関8社の中で唯一の買い推奨。

ホイットニー氏は米経済専門局CNBCテレビに対し、バンク・ オブ・アメリカ(BOA)は米銀株の中で「最も割安」と指摘した。

韓国ウォン、英ポンド

韓国ウォンは対ドルで約2カ月ぶり安値に下落。韓国のケーブル ニュース局YTNが13日、北朝鮮の金正日総書記が膵臓(すいぞう) がんを患っており、余命は5年未満だと伝えた。YTNが中国と韓国 の情報機関の匿名の当局者を引用して報じた。金総書記の後継者はま だ指名されていない。

英ポンドはブルームバーグが調査する主要16通貨のうち9通貨に 対して値下がりした。英日曜紙サンデー・タイムズが、英ロイズ・バ ンキング・グループは3週間後に発表する上半期決算で損失を計上す る可能性があると報道したのが売り材料となった。情報源は明らかに されていない。ロイズの広報担当はブルームバーグの問い合わせに対 しコメントを避けた。

対ユーロでのポンドは0.3%下げて、1ユーロ=86.22ペンス、対 ドルでは1ポンド=1.6223ドルとほぼ変わらず。一時は対ドルで

1.1%安まで売り込まれる場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE