三菱商事、アルゼンチン~チリ鉄道プロジェクトに参加-チリ経済紙

チリの経済紙ディアリオ・フィナ ンシエロによると、三菱商事はアルゼンチンの実業家、エドゥアル ド・エウルネキアン氏率いるグループの鉄道プロジェクトに参加する。 アルゼンチンとチリを結ぶ同プロジェクトの規模は30億ドル(約 2778億円)に上るという。

三菱商事は10日に契約を交わし、エウルネキアン氏のコルポラ シオン・アメリカやブラジルの建設会社オーデブレヒトに続き、8社 目の参加企業となった。ディアリオ紙は情報源を明らかにせずに伝え た。

同紙によると、鉄鋼・鉄鉱石生産でチリ最大手のキャップも参加 する可能性がある。

コルポラシオン・アメリカのウェブサイトによれば、同プロジェ クトではアンデス山脈中に52キロメートルのトンネルを掘り、アルゼ ンチンとチリ間に鉄道路線を連結。アルゼンチンから太平洋沿岸の港 へのアクセスが可能になる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE