欧州債:独10年債利回り、2カ月ぶり低水準付近-安全需要が続く

欧州債市場では、ドイツ10年債 利回りが約2カ月ぶり低水準付近で推移した。経済低迷が長期化する との懸念から、国債需要が続いている。

独10年債利回りは5月7日以来の低水準となった。ガイトナー米 財務長官は12日のCNNとのインタビューで、米経済は今もなお「大 きな課題」に直面していると述べたことが材料視された。カリヨンに よれば、今週の国債利払いや償還額は今年2番目に多い最大550億ユ ーロに上り、欧州債相場の上昇要因となる可能性がある。

バイエルン州立銀行のシニア債券ストラテジスト、マリウス・ダ ーハイム氏(ミュンヘン在勤)は「市場関係者は、経済に対する疑念 が再び高まったことを材料に取引している。今週発表される経済デー タは、当面はデフレ環境にあることを裏付けるだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時3分現在、10年債利回りは3.26%と、前週 末からほぼ変わらず。一時は3.25%まで下げる場面もあった。2年債 利回りも前週末比ほぼ変わらずの1.20%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE