米商業用不動産ローン、6月延滞額は過去最大22億ドル増-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティン グスは13日、商業用不動産ローン担保証券(CMBS)の裏付けとな る不動産ローンの延滞額が6月に過去最大の22億ドル増加したと発表 した。これには1億ドル以上のデフォルト(債務不履行)5件が含ま れる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。