トリシェ総裁:銀行は適切な融資提供でECBが供給した信用の転嫁を

トリシェ欧州中央銀行(ECB) 総裁は13日、銀行は企業や一般家庭に適切な融資を提供し、ECBか ら供給を受けた流動性を転嫁するべきだと述べた。

トリシェ総裁はミュンヘンでの講演で、「銀行は企業や家庭に対 し、適切な利率と規模で融資を継続する責務があることを忘れてはな らない」と述べた。同総裁はさらに、金融機関がECBの1年物資金 供給オペによる経験を重ね、「短期的な流動性を増やすのではなく、 長期的資産を拡大させる」ようになるまでには「時間がかかる」との 認識を示した。

ECBは政策金利を過去最低水準の1%で据え置き、最大600億 ユーロ相当のカバードボンド(ローンを裏付けとした債券)を購入す る計画をスタートさせたが、金融機関は依然として貸し出しを渋って いる。

トリシェ総裁は、「この厳しい時世だからこそ、経済が今後も機 能できるようにそれぞれの責任の範囲において景気に貢献する必要が ある」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE