NY原油時間外:続落、一時58ドル台-株安背景に需給悪化懸念

ニューヨーク原油先物相場はロ ンドン時間13日午前の時間外取引で続落し、一時はバレル当たり 58ドル台となった。株式相場の下落を背景に、世界的なリセッショ ン(景気後退)で燃料需要が減退し、在庫が増えるとの懸念が強まっ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。