アジア株:下落、景気懸念や日本の解散総選挙方針-サムスン電子安い

13日のアジア株式相場は下落。M SCIアジア太平洋指数は8週間ぶり安値となった。米国の景気回復が 遅れるとの見方が広がったほか、麻生太郎首相が衆議院を解散する方針 を示したことも材料視された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。