円が午後上昇、衆院解散決定受けた株安でリスク回避姿勢強まる

東京外国為替市場では、午後の 取引で円が上昇した。麻生太郎首相(自民党総裁)が衆議院解散の意 向を示したことが伝わると、政局の先行き不透明感を背景に株安が進 行。リスク資産の圧縮に伴い円に資金を戻す動きが強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。