香港株(午前):7週間ぶり安値、米消費者マインド指数低下を嫌気

午前の香港株式相場は下落。ハ ンセン指数はこのままいけば、終値ベースでほぼ7週間ぶりの安値と なる。前週末に発表された7月のロイター・ミシガン大学消費者マイ ンド指数(速報値)が予想よりも大幅に低下し、世界的な景気回復の 腰折れ懸念が広がった。

キャセイ航空が3.4%安。衣料小売りのエスプリ・ホールディン グス(330 HK)も3.3%下落した。この日初取引となったエアコンメ ーカー、志高控股(チゴ・ホールディング、449 HK)は一時37%上昇。 午前の終値は26%高。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、 前週末比2.1%安の17343.71。このままいけば終値は5月26日以来 の安値となる。ハンセン中国企業株(H株)指数は2.1%安の10351.26。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE