ビジネスウィーク誌売却でエバーコア起用-米マグロウヒル

米出版社マグロウヒルは週刊 誌ビジネスウィーク事業の売却に向け、ロジャー・アルトマン氏が設 立した投資銀行のエバーコア・パートナーズを顧問に起用したことが、 事情に詳しい関係者1人の話で明らかになった。

同関係者はこの情報が非公開だとして匿名を条件に語ったもの で、マグロウヒルとエバーコアの広報担当者はいずれもコメントを控 えている。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)も傘 下に持つマグロウヒルは、リセッション(景気後退)やインターネッ トの攻勢に伴う出版業界の広告収入減少に対応し、ビジネスウィー ク誌の売却を目指していると言われている。同誌のウェブサイトによ ると、創刊は1929年で、編集スタッフは約190人。毎週購読する 読者数は世界140カ国で約480万人に上る。

調査会社モーニングスターのアナリスト、トム・コーベット氏は、 「雑誌業界は、新聞業界と同様、広告収入の落ち込みの打撃を受けやす い」と指摘し、「このため、雑誌事業を売却する環境はかなり厳しいも のになるだろう」と予想した。

パブリッシャーズ・インフォメーション・ビューローのデータ によると、ビジネスウィーク誌の4-6月(第2四半期)の広告収入 は30%減少し4390万ドル。業界全体の広告収入は22%減だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE