日航株が連日の上場来安値に、業績回復を疑問視で見切り売りの声

日本航空の株価が7営業日続落 し、一時前週末比3.5%安の165円と連日の上場来安値。日航の経 営健全化に対する根強い不透明感に加え、5月の旅客数悪化などを受 け、早期の業績回復を疑問視する向きから損失覚悟の売りが止まらな い。売買高も午後2時35分現在で1484万株と、3営業日連続で 1000万株を超す大商いとなっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。