個人マネー活発化、株式投信の設定解約膨らむ-6月概況

投資信託協会が13日発表した6 月の投信概況によると、株式投信の資金流入、流出額とも高水準で、個 人マネーが活発化していることが分かった。差し引き流入額は3631億 円と2008年7月以来の水準に膨らみ、株式相場の上昇に伴う運用増を 合わせ、月末の純資産総額は5月末から1兆1913億円(2.7%)増え て45兆8918億円となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。