クリーンエネルギー事業投資:3倍に拡大か-欧米の取り組み強化で

ノムラ・バンク・インターナショ ナルの経済政策担当シニアアドバイザー、ジョン・ルウェリン氏は10 日、クリーンエネルギー業界への新規投資が2012年までの5年間に3 倍に増加するとの見通しを示した。欧米諸国が二酸化炭素(CO2)排 出削減への取り組みを強化していることを理由として挙げた。

ルウェリン氏はシンガポールで、風力や太陽光、バイオ燃料など の事業向け投資は12年に4500億ドル(約41兆7000億円)と、07年 の1500億ドルから拡大すると予想。資産運用会社は製造業を含む全業 種に投資し、CO2排出量の少ない企業に重点を置くべきだとの見方 を示した。

ルウェリン氏はプレゼンテーションで「低炭素化に向けた活動へ の投資資金は既に準備されている」と指摘。「環境に配慮した組織は、 資本や投資資金の調達に関して優位に立つだろう」と述べた。

英コンサルタント会社ニュー・エナジー・ファイナンスの2日の リポートによると、世界のクリーンエネルギー関連事業への新規投資 は、欧州や中東、アフリカでの事業向け投資にけん引され、4-6月 (第2四半期)に243億ドルと、1-3月(第1四半期)の133億ド ルから増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE