政権交代で金融政策に影響も-緩和長期化か、セントラル短資金武氏

セントラル短資の金武審祐執行役 員は13日、前日に投開票された東京都議会議員選挙の結果を受けて、 次期衆院総選挙では民主党への「政権交代の可能性が出てきた」とし、 その場合、日本銀行の金融政策に影響が出てくる可能性があるとの見方 を示した。

金武氏は、民主党政権の金融政策への影響について、「自民党と違 い、民主党の考え方が見えてくるまで日銀との関係は短期的にぎくしゃ くする可能性がある」と指摘。

また、追加景気対策など財政出動についても、「省庁との調整に時 間がかかり、実行するには時間がかかるだろう」との見方を示した。こ のため、金武氏は、日銀の金融政策の負担がいま以上に増すと予想し、 「金融緩和長期化の見方はこれまで以上に強まってくるだろう」と述べ た。

民主党の一部に利上げ論があることについては、「批判も根強く、 個別の議員の声ではないかとみている。やはり、景気を立ち直らせるの が先決であり、そうした意見は封じ込められるのではないか。党の大勢 は金融緩和の長期化とみている」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE