民主政権で改革色後退なら海外投資家が嫌気も-MU投資顧問の森川氏

MU投資顧問国際運用部の森川央 シニアストラテジストは13日、前日投開票された東京都議会議員選挙 の結果、次期衆院総選挙では民主党への政権交代の可能性が高まったこ とで、「海外投資家に改革が後退すると受け止められれば、短期的には ネガティブに働く」との見方を示した。

森川氏は「海外勢は小さな政府を志向する小泉政権の受けが良かっ たが、民主党政権になれば改革色が後退すると受け止められる恐れがあ る」と指摘。政策面では「消費税を据え置くと公約しながら、財政支出 は膨らむ可能性があり、財政面の不安がある」とし、海外投資家のウエ ートが大きい株式や円が売られる可能性もあるとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE