民主政権で改革色後退なら海外投資家が嫌気も-MU投資顧問の森川氏

MU投資顧問国際運用部の森川央 シニアストラテジストは13日、前日投開票された東京都議会議員選挙 の結果、次期衆院総選挙では民主党への政権交代の可能性が高まったこ とで、「海外投資家に改革が後退すると受け止められれば、短期的には ネガティブに働く」との見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。