インターA株2カ月半ぶり安値、検査用光源装置低調で前期赤字拡大

検査用光源装置メーカーで、太陽電 池用も手掛ける東証マザーズ銘柄のインターアクション株が一時、前週 末比13%安の2万6600円と大幅に5日続落。5月1日以来、およそ2カ 月半ぶりの安値水準まで下げた。主力の検査用光源装置の大幅な需要減 少から、前期(2009年5月期)の連結営業損益は6億300万円の赤字 と、その前の期(1億5900万円の赤字)から赤字幅が拡大した、と10日 に発表したことを受けた。大幅な固定費削減と半導体向けの改善を見込 み、10年5月期の営業損益は2200万円の黒字と3期ぶりの黒字転換を計 画している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。