ダイヤダイ株が大幅続落、第1四半期業績好調も通期予想増額見送り

繁華街を中心に飲食店を運営する ダイヤモンドダイニングの株価が大幅続落。10日公表の第1四半期 (3-5月)業績は事前の観測報道も上回る好内容だったが、会社側が 通期業績予想を据え置いたため、増額修正を見込んでいた向きから失望 売りが出た。一時前週末比7.5%安の48万4000円まで下げ、日中下 落率としては5月20日(9.3%安)以来、約2カ月ぶりの大きさ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。