全日空株が連日の年初来安値、増資嫌気しなお下落余地も(Update1)

全日本空輸株の下落が止まらない。 7日続落となったこの日は一時前週末比5.1%安の263円まで売られ、 連日の年初来安値更新となった。今月初に1500億円規模の新株発行に よる公募増資を発表して以来、株主価値の希薄化や将来的な売り圧力の 増加を警戒した売りが加速している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。