第一三共株が反発、期待の新薬「プラスグレル」が米国で承認取得

国内医薬品大手の第一三共の株価 が一時、前週末比3.8%高の1726円と反発。米食品医薬品局(FD A)が10日に、抗血栓薬「プラスグレル」を新薬として承認したこと が好感された。日中ベースで3%以上上げたのは5月26日以来。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。