月例報告:景気判断を3カ月連続上方修正-持ち直しの動き

林芳正経済財政担当相は13日夕、 7月の「月例経済報告」を関係閣僚会議に提出、景気の基調判断につ いて「厳しい状況にあるものの、このところ持ち直しの動きが見られ る」とし、3カ月連続で上方修正した。前月は「一部に持ち直しの動 き」と表現していたが、今月は、前向きな動きが個人消費などにも広 がっているため判断を引き上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。