トヨタ:GMとの米合弁工場、清算を含め検討-新生GM発足受け声明

自動車販売で世界1位のトヨタ自 動車は、米ゼネラル・モーターズ(GM)との合弁工場、ニュー・ユ ナイテッド・モーター・マニュファクチャリング(NUMMI)につ いて清算を含めた検討に入る。

優良資産の売却など米連邦破産法の手続きを終え、「新生GM」が 10日発足したのを受けて、トヨタが同日発表した声明で明らかになっ た。GMは6月29日にNUMMIからの撤退をすでに発表している。

トヨタの声明によると、GM車の生産がない中でのトヨタ単独で の事業継続の成立性など様々な観点から今後の対応について検討して きているが、現在のビジネス環境下では、NUMMIの清算について も本格的に検討していかざるを得ない、としている。

NUMMIは1984年からトヨタとGMが共同で運営してきたも ので、トヨタにとって初の米国工場となっている。

トヨタの株価10日終値は前日比30円(0.9%)高の3430円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE