米国株(10日):下落、S&P500は4週連続の値下がり (Update1)

米株式相場は下落。S&P500種 株価指数は週間ベースで4週連続の下げとなった。午前に発表された 7月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数が予想を下回った ことから、景気回復はまだ遠いとの懸念が広がった。

米商業金融のCITグループが急落。新たに起債する社債に対し、 米連邦預金保険公社(FDIC)が保証を付与しないとの観測から売 りがかさんだ。石油のシェブロンが下げ、ダウ工業株30種平均を押し 下げた。この日のニューヨークの原油先物は下落、週間ベースでは1 月以来最大の大幅安となった。シェブロンはドルの下落が利益を損ね たと述べた。

一方、テクノロジー株は上昇。アナリストがヤフーやMEMCエ レクトロニック・マテリアルズの株式投資判断を引き上げたのがきっ かけだった。

センチネル・インベストメンツのクリスチャン・スウェイツ最高 経営責任者(CEO)兼社長は「景気は一向に回復していないことが 明らかになりつつある。現在の相場は企業決算の内容に照らし合わせ ると依然としてやや割高な水準にある」と述べた。

S&P500種株価指数は前日比0.4%安の879.13。週間では1.9% 下落した。ダウ工業株30種平均は36.65ドル(0.5%)下落の8146.52 ドルで終了した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は 3対4。

S&P500種は6月12日以降、7.1%以上の値下がり。3月以降に みられた40%もの値上がりは、景気回復見通しを上回るペースだった との見方が広がっている。過去1年間のS&P500種構成企業の株価収 益率(PER)は約14倍。12年ぶり安値を記録した今年3月9日は同 10倍だった。

リセッションの長期化

米ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授(経済学)と米エ ール大学のエコノミスト、ロバート・シラー教授はリセッション(景 気後退)が長期化する可能性を指摘した。

シラー教授はオバマ米政権の7870億ドルに上る景気対策の実施ペ ースが遅いとして、新たな景気刺激策が必要だと訴えた。一方のルー ビニ教授は、債務返済に企業が苦戦していると述べ、リセッションが さらに半年続くとの見通しを示した。

ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均によると、S& P500種採用企業の第2四半期決算は35%減益、第3四半期が21%減 益となっている。今年第1四半期は33%の減益だった。

シェブロン安い

シェブロンは2.7%安。同社は4月と5月の原油および天然ガスの 海外収益がドル相場の下落で1日当たり700万ドル近く減少したと発 表。為替相場の変動による影響は2008年4-6月(第2四半期)の2 倍以上となった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前日 比0.52ドル(0.86%)安の1バレル=59.89ドルで終了した。長期化 するリセッションがエネルギー消費を抑えるとの懸念で下げた。週間 ベースでは10%安。

CITグループは18%安。FDICはCITの信用悪化を理由に、 同社の社債発行の保証を渋っている。FDICの事情に詳しい複数の 関係者が明らかにした。

テクノロジー株高い

S&P500種のテクノロジー株価指数は0.4%高。産業別10指数 のなかで上昇率が最大だった。

シリコンウエハー・メーカーのMEMCエレクトロニック・マテ リアルズは3%上昇。シティグループはMEMCのコスト削減の効果 が表れ始めてきたとして、同社の株式投資判断を「ホールド」から 「買い」に引き上げた。

検索エンジンのヤフーは2.6%高。トーマス・ワイゼル・パートナ ーズのアナリスト、クリスタ・クオーレス氏は、ヤフーの株式投資判 断を「アンダーウエート」から「マーケットウエート」に引き上げた

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE