NY金(10日):反落、ドル高・原油安で需要後退-912.50ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。 ドルが上昇し、原油相場が下げたため、代替投資やインフレヘッジと しての需要が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。