サミット閉幕:新興国参加会合が定着、存在意義問われるG8

主要国首脳会議(ラクイラ・サミ ット)が10日、閉幕した。3日間の日程のうちG8のみの会合は初日 だけで終了。中国やインドなど新興国が加わる拡大会合もすっかり定 着しており、ラクイラでは気候変動や市場の関心が高い準備通貨のあ り方をめぐる議論で新興国の動向が注目された。来年はカナダ・ムス コカでサミットが開かれるが、G8という枠組みの存在意義は今後と も問われ続けることになりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。