5月米貿易赤字:260億ドルに縮小、輸出拡大が寄与

米商務省が10日に発表した5月 の貿易収支統計によると、財とサービスを合わせた貿易収支(国際収 支ベース、季節調整済み)は260億ドルの赤字。赤字幅は前月比9.8% 縮小し、1999年11月以来の最小。

原油や自動車部品の輸入が減少する一方で、輸出が拡大したのが 寄与した。前月は288億ドルの赤字(速報値は292億ドルの赤字)に 修正された。ブルームバーグ・ニュースがまとめた予想中央値は300 億ドルの赤字だった。

5月の輸出は1.6%増の1233億ドルと、2008年7月以来最大の伸 び。石油製品や化学品、工業機械などの輸出が拡大した。輸入は0.6% 減少して1493億ドル。

国内総生産(GDP)算出に使用されるインフレを控除した実質 財収支は362億ドルの赤字(前月401億ドルの赤字)に縮小した。

5月の対中貿易赤字額(季節調整前、財のみ)は175億ドルと、 前月の168億ドルから拡大した。対日本、カナダおよびメキシコの貿 易赤字は縮小。対欧州連合(EU)での貿易赤字は48%減の28億ド ルだった。

UBSセキュリティーズのシニアエコノミスト、ジェームズ・オ サリバン氏は、「第2四半期のGDPにとって大きなプラス寄与とな ろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE