G8:発展途上国の貧困農民支援、3年間で200億ドルを承認

主要8カ国(G8)は10日、発 展途上国の貧困に苦しむ農民支援策として、向こう3年間で200億ド ル(約1兆8449億円)の資金援助を承認した。

主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)の最終日に発表された声 明によると、G8や世界銀行、国連食糧農業機関(FAO)など国際 機関が資金を拠出する。草案段階での資金援助は150億ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE