5月のインド鉱工業生産:前年比2.7%上昇-8カ月で最大

インドの鉱工業生産指数は、この 8カ月で最大の上昇率となった。過去最低の政策金利や政府による景 気刺激策で需要や投資が喚起された。

インド中央統計機構が10日発表した5月の鉱工業生産指数は前年 同月比2.7%上昇となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト調査の予想中央値では同1.3%の上昇が見込まれていた。4月 は同1.2%上昇へ下方修正された。

マッコーリー・グループ(シンガポール)の地域エコノミスト、 ラジブ・マリク氏は「インドの生産活動は低金利の効果で勢いを増す だろう。継続中の財政刺激策がまだ弱い輸出セクターを相殺する」と 指摘した上で、生産増加によって「追加利下げの可能性は大きく後退 する」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE