ロンドン外為:ユーロ下落、130円割れ-IMFの東欧支援報道で懸念

ロンドン時間10日朝の外国 為替取引ではユーロが下落。このまま行けば対円で、過去2カ月で 最大の週ベースでの下落となる。国際通貨基金(IMF)が東欧の 少なくとも10カ国に対する支援融資を各国と協議していると報じ られたことから、欧州の金融健全性への懸念が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。