中国:6月の不動産価格、7カ月ぶり上昇-銀行融資急増が回復支援

中国都市部の不動産価格が7カ月 ぶりに上昇した。記録的な伸びを示す銀行融資が、国内景気の回復を 後押ししていることを裏付けている。

国家発展改革委員会(発改委)がウェブサイト上で10日公表した 6月の主要70都市の不動産価格は、前年同月比0.2%上昇した。前月 比ででは0.8%上昇と、4カ月連続のプラスとなった。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのエコノミスト、陸挺氏 (香港在勤)は「中国の不動産市場は息を吹き返している。今年7- 12月(下期)の不動産投資は20%増が見込まれ、景気回復を支えるだ ろう」と語った。

中国人民銀行(中央銀行)の速報値によると、6月の新規融資は 1兆5300億元(約20兆8000億円)と1年前のほぼ5倍に達した。今 年1-6月(上期)では7兆3700億元と、前年同期の3倍以上に膨ら んだ。中国政府が輸出支援のため融資規制を緩和して以降、同国の銀 行の今年の融資は人民銀が設定した2009年の最低目標をすでに47% 上回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE