米経済成長率のエコノミスト予想が改善、個人消費は回復へ-BN調査

エコノミスト予想によれば、米個 人消費の回復でリセッション(景気後退)の終わりが示唆されるなか、 2009年7-12月(下期)と10年の経済成長見通しが改善している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。