米ゴールドマン元プログラマー、情報転送についてFBI捜査官に供述

トレーディング用ソフトウエア窃盗 容疑で3日に逮捕された米ゴールドマン・サックス・グループの元コ ンピュータープログラマー、セルゲイ・アレイニコフ容疑者(39)は、 同社が所有権を持つプログラム・コード(技術情報)を外部にある暗 号化サーバーに転送していたと連邦捜査局(FBI)捜査官に供述し た。

ニューヨーク・マンハッタン連邦地裁の文書によると、アレイニ コフ容疑者は、自宅から遠隔操作でゴールドマンのコンピューターに ログインし、暗号化されたファイルを外部サーバーに転送した。

このサーバーの登録名義は、ロンドン在住のルーピンダー・シン 氏。シン氏は9日、自身のブログで、「英地元当局」の接触を受け、ハ ードドライブを押収されたことを明らかにした。サーバーも6日から 45時間にわたり閉鎖されたという。

アレイニコフ容疑者はFBI捜査官に対し、シン氏のサーバーに 転送したファイルは「いかなる個人、企業とも共有しておらず」、「悪 意のある行動への関与は私の意図するところではなかった」と釈明し た。

シン氏は電話と電子メールの取材に対してこれまでのところ返答 していない。FBIの報道官ジム・マーゴリン氏と、レブ・ダシン連 邦検事正代行の報道官レベカー・カーマイケル氏はいずれもコメント を控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE