米国株はさらに下落か、商品安の影響受け-ジェフリーズが指摘

ジェフリーズ・グループによると、 ここ4週間下落している米国株はさらに下げる可能性が高い。景気低 迷で商品相場が下落するとの観測が広がり、商品投資が敬遠されてい るためだという。

ジェフリーズの株式戦略責任者、パット・ニール氏は顧客向けリ ポートで、商品と株式相場は相関関係が高いとして、商品安は株価の リスクになると指摘。米当局が投機抑制を目的に取引を規制する可能 性があるとして、商品相場は下げる可能性があるとの見方を示した。

ニール氏は「株式相場はさらに下落する公算が大きく、商品相場 全体の調整によって引き続き下げ方向に導かれるだろう」と分析。 「われわれの懸念は、投資家の着目点が政府のバランスシート拡大に 伴う将来的なインフレから、現時点で存在するデフレ圧力に移ること だ」と書いている。

6月の米雇用者数の減少がエコノミスト予想より大幅だったこと から、リセッションは終了していないとの懸念が広がり、株式や商品 が売られている。当局が原油や天然ガスに対する投機を取り締まる可 能性を示したことも、商品相場が今週下落している要因となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE