アジア株:鉱山株とハイテク株が高い-商品相場高を好感

10日午前のアジア株式相場は、 鉱山株とハイテク株が上昇。商品相場高に加えて、東京エレクトロン が4-6月期に受注額が大きく伸びたと発表したことが好感された。 電力株は安い。

世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンは、銅と 原油相場の上昇を手掛かりに1.3%高。半導体製造装置で世界2位の 東京エレクトロンも高い。4-6月期の受注額がほぼ倍増したと発表 したことが好感された。韓国電力公社(KEPCO)は、エネルギー コストが上昇するとの懸念から1.7%安。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時42分現在、前 日比ほぼ横ばいの100.57。上昇銘柄と下落銘柄の割合もほぼ同じ。同 指数は今週、商品相場の下落と業績見通しが期待に届かないとの観測 が高まったため、2.2%低下している。日経平均株価の午前終値は、前 日比3円60銭安の9287円46銭。

-- With assistance from Patrick Rial and Kotaro Tsunetomi in Tokyo. Editors: Darren Boey, Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Jonathan Burgos in Singapore at +65-6212-1156 or jburgos4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE