米フォードが78年ぶりにGMから首位奪還か-米自動車販売シェア

米自動車メーカー、フォード・モ ーターは、国内ライバル企業の経営難をよそに勢い付いており、1931 年以来、初めて米国の自動車販売シェアでゼネラル・モーターズ(G M)を抜いて首位に浮上する可能性がある。

経営再建中のGMは早ければ9日にも連邦破産法の適用下から脱 却し、製品ラインを8種類から4種類に縮小した新生GMとして再出 発する。新生GMは4ブランドで18.5%の米市場シェアを狙うが、オ ートデータによると、「シボレー」、「キャデラック」、「ビュイッ ク」、「GMC」の4ブランドの6月のシェアは16.5%。フォードの シェアは、売却する「ボルボ」ブランドを除いたベースで17.2%だっ た。

GMを上回れば、政府支援なしで独自路線を貫くフォードの経営 戦略の有効性を実証するものとなる。IHSグローバル・インサイト の業界アナリスト、ジョン・ウォルコノウィッツ氏は、GMとクライ スラーが破産申請を通じて経営再建を目指す一方で、フォードは米大 手自動車メーカーで唯一独立した地位を維持することで追い風を受け ていると指摘する。

ウォルコノウィッツ氏は「フォードは現在、本当に勢いに乗って いる」と述べ、「フォードは今年、GMを追い越す可能性がある」と 予想。GMが首位にとどまるには廃止する「ポンティアック」ブラン ドの購入者の大半をつなぎ留める必要があるが、新生GMの4ブラン トの品ぞろえからするとそれは難しいだろうと同氏は話した。

同氏によると、フォード創業者のヘンリー・フォード氏が「モデ ルT」から「モデルA」に切り替えるため生産を一時中断した1927 年にGMは初めてフォードから首位を奪った。フォードは29-30年 に首位を奪還したが、31年にGMが再びリードし、現在に至るという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE