大塚商会株急落、カラー複写機普及一巡で業績回復鈍化-三菱証格下げ

独立系システムインテグレーター の大塚商会の株価が大幅に3日続落。日本国内で高機能カラー複写機の 普及が一巡、来期以降の業績回復ペースが鈍化するとの懸念が持たれて いる。三菱UFJ証券が同社株の投資判断を「3(中立)」から「4 (アンダーパフォーム)」に引き下げたことも、下げに拍車をかけた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。