独連銀が社債を直接購入する可能性も、信用不足緩和に向け-財務相

ドイツのシュタインブリュック財 務相は9日、ドイツ連邦銀行(中央銀行)は企業からの社債購入を通 じて信用不足を緩和する可能性があると指摘した。同財務相は今週、 独連銀による直接介入について示唆していた。

シュタインブリュック財務相は独紙フランクフルター・ルントシ ャウとのインタビューで、「場合によっては、独連銀は社債を購入す る可能性がある」と語り、「このように、独連銀と実体経済が直接コ ンタクトを取る新たな局面を迎えるだろう」と述べた。

財務省のイェアネッテ・シュウァムベルガー報道官は財務相の発 言を確認した上で、同相は現時点で信用収縮が起きているとはみてお らず、こうした措置に関する決定は連銀が独立して行う必要があるだ ろうと付け加えた。

同相は2日前、連銀が信用収縮解消に向けてさらに措置を講じる 可能性があるとの認識を示唆。これを受けて独連銀のウェーバー総裁 は、企業に直接融資する「必要はない」との見解を示す声明を出した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE